10
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月7日 住民説明会を求める要望書を提出します!

みなさま、この年の瀬のお忙しい時期ですが、大変なことが、きちんとした説明もないままに進められようとしています。

水源地が汚されるということは、命に関わる問題です。

私たちは、既に望まない被曝を強いられています。
これ以上の汚染を受け入れられますか?
いわき市のゴミ焼却施設でも既に汚染物質が焼却されているのだから騒ぐなとお思いですか?

いわきには、いろいろな立場の方々が暮らしている。口に出せないいろいろな想いがある。コミュニティの分断は辛く、悲しいけれど、誰かが良くしてくれるのを待っていても変わらない。
何の説明もなく進めらていく事業を黙って受け入れますか?

子々孫々、これからの世代に少しでも負の遺産を少なくして引継ぎたい。
無関心なままで不幸を世の中のせいにする生き方はカッコ悪い。
大人の責任を果たしましょうよ。
私たち世代には変えなければならない責任がある。
ひとりひとりの力は小さくても、変える力がある。
ここから変えましょう。

いわきを変えるゾ市民の会・いわきアクション!ママの会・いわきの未来をつくる市民の会・いわき母笑みネットワーク共同で、環境省はいわきに来て住民説明会をするように求める要望書を1月7日にいわき市に提出します。
是非、多くの市民の方に一緒に声をあげていただきたい。
団体に入るのがイヤ?別に団体に所属する義務はありません。
個人としてお越しください。
私たちも、殆どが震災後に知り合った仲間たちです。いわきを何とか良くしたいという想いで繋がってきました。震災前からいわきのために尽くしてきたたくさんの方々とも、想いを共有できれば、と思います。


以下、母笑みネットワークより (http://natureherb.blog.fc2.com/)

★☆環境省はいわきに来て!住民説明会を求める要望書を提出します☆★


鮫川村焼却炉建設工事中止を求める要望書にご賛同頂きました皆様には、心より感謝申し上げます。

鮫川村焼却処分場建設工事中止を求める要望書提出

この回答は年内にも文書で頂く予定となっておりましたが

内容が明らかになり次第、お知らせさせて頂きますので、よろしくお願い致します。


さて、去る12月25日には鮫川村で初めて焼却炉建設地が公表され、住民説明会が開かれました。

人口4000人の村で100人以上の参加者があり、焼却炉に対する率直な不安や、工事が着工してからの説明会はおかしい…などの意見が出されましたが、説明に来た環境省も村長も、工事ありきの答弁に終始しました。

この説明会において、いわき市にも説明会に来てほしいとの要望が出たところ、環境省 廃棄物対策課 課長補佐 原田さんは「いわき市から要請があれば」住民説明会もありうると示唆しました。

そこで、私たちは新たに要望書を提出することにしました。

要旨の概要は以下の通りです。

1 いわき市に環境省の担当者を招致し、いわき市が住民説明会を開催すること

2 住民説明会の日時等について、いわき市民にあまねく周知すること

3 説明が尽くされるまで、焼却炉工事を停止するよう環境省に対し要請すること


《要望団体》
いわきを変えるゾ市民の会
いわきアクション!ママの会
いわきの未来をつくる市民の会
いわき母笑みネットワーク


************************

いわき市は12月21日に環境省と鮫川村に対し、「本市に対し、必要かつ十分な情報を提供すること」、「住民生活の安全・安心を保障するため、万全の対策を講じること」などについて申し入れを行いました。

しかしながらそこには、住民の理解を得るまでは工事を停止するよう求める要望が含まれていません。

鮫川村における農林業系副産物の焼却実証実験に係る申入れについて


12月25日に行われた鮫川村での住民説明会では、この減容システムこそが再生のための素晴らしいシステムであり、環境省の言うことには間違いがない!という村長の言葉が繰り返されています。

以下、IWJ福島で中継した記録です。

『鮫川村住宅除染計画並びに仮設焼却炉設置説明会・1』

『鮫川村住宅除染計画並びに仮設焼却炉設置説明会・2』


村民は賛成派と反対派に分かれていました。

心配を口にする人、早く元に戻すために急げという人・・・

長時間に渡る内容ではありますが、ぜひご覧いただければと思います。

これが最前線で起こっていることです。

鮫川村の実証実験が成功となれば、他の地域でも一気に進むことになるでしょう。

ここは絶対に止めなければなりません。

ご賛同頂けましたら、1月6日正午までに氏名・ご連絡先(住所)をご連絡頂けますと幸いです。

いわき市民の声の盛り上がりを届けるため、今回もいわき市民限定とさせていただきます。

ご了承ください。

ぜひ周りの方にも広めて頂けますようお願い致します。

頂きました個人情報に付きましては、他に使用することは致しません。


また、この要望書は1月7日に提出いたします。

ご参加頂ける方は当日13:30に市役所1階ロビーまでお集まりください。

なるべく多くの人数で申し入れができれば、ごく一部の人間が騒いでいるだけではなく、いわき市民が大注目していることを伝えることができます。

お願いいたします。

申し入れに同行してくださる方も、人数を把握したいのでご連絡頂けると助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

申入れ時間は限られていますので、ご質問等ある方は当日までに考えてきて頂ければと思います。

なお、メディアによる撮影があります。ご了承ください。


今後の連絡先は、「いわきの未来をつくる市民の会」になります。

お問い合わせ・ご賛同は下記までお願致します。



◆連絡先
いわきの未来をつくる市民の会
高橋幸子
iwaki.make.the.future@gmail.com
スポンサーサイト
Secret

プロフィール

             いわきアクション!ママの会

Author:             いわきアクション!ママの会
 3.11原発事故をきっかけに子どもたちの暮らしを考えるママたちの声が集まる会です。
 健康を考えるお料理教室や、免疫力アップの体操など
楽しみながらママたちもがんばっています。
 おうちで一人で悩みがちなママがいたら、是非ご連絡ください。みんなでわいわい話しながら元気になりましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。