11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮫川村焼却実証実験施設工事中止を求める署名、締切延長!1月31日までです!

ご協力いただいておりまず署名ですが、二次締切が1月31日に延長となりました。
引き続き、よろしくお願いします。

【署名】
★紙の用紙
http://kaupili.info/iwaki-mirai/docs/116_samegawa_ag.pdf

★インターネット署名(change.org)
https://t.co/YQtw3P6V

環境省への申し入れ後に行われたIWJによるインタビューをご覧下さい。
関わっている方々の生の声をお聞きください。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/53665


★以下、母笑みネットワークより (http://natureherb.blog.fc2.com/)環境省に申し入れを行った報告です。

福島県鮫川村に建設中の放射性廃棄物を焼却する実証実験施設について、1月16日に環境省へ「工事中止・住民説明を尽くすこと」を求めて申入れに行って参りました。

皆様にご協力を求め、集めさせて頂いた1次締切の署名の数は直筆が633筆、ネット署名とあわせて1200名の方から声を届けて頂きました。

心から感謝申し上げます。

ありがとうございました!!


【環境大臣宛要望書】『福島県鮫川村焼却実証実験施設について』
http://kaupili.info/iwaki-mirai/docs/env_ag.pdf

申し入れ団体の『いわきを変えるゾ市民の会』『いわきアクション!ママの会』『いわき母笑みネットワーク』『いわきの未来をつくる市民の会』から代表約20名と鮫川村、塙町、茨城県北茨城市の住民6名などが参加。

いわき市議会創世会から佐藤かずよし議員、福嶋あずさ議員にも同行して頂きました。

環境省からは指定廃棄物対策チームの高澤計画官など3名が対応し、申入れは約1時間半に渡りました。

この申し入れの際のビデオカメラでの撮影は禁止でした。

秘密裏に進められてきたこの計画ですが、住民から声が上がってからやっと、建設地である鮫川村で説明会が開催され、それは工事が着工されてから一ヶ月経ってのことで、その場で初めて建設地を公表されたという驚くべき事態でした。

安全な実証実験であるならば、なぜ秘密裏に進める必要があるのでしょうか。

申し入れの冒頭で担当者の口から出た言葉は、当事者は鮫川村の住民であり、近隣自治体の私たちは部外者であると捉えているとのこと。

実証実験は鮫川村から望まれてのことなので、その責任を果たさなければならない。

鮫川村の方が待っているから急がなければならない。

これは法律の中で与えられた責任である。

中止をするということは村の理解を得られない。

責任を果たさなければならないという言葉がしきりに繰り返されていました。

焼却炉の安全性についてはまだまだ十分な説明が果たされていません。

必要に応じて説明会を開催するとのことでしたが、鮫川村での説明会開催は工事着工後でした。

不測の事態が起こった時はしかるべき対応をするということですが、原発事故が起こり、未だにしかるべき対応がなされていない私たちは、いろんなことは後から分かることばかりで、国は守ってくれないということを経験中です。

安全という言葉は鵜呑みにしてはならないということを身を持って知っているのです。

原発事故後、平成23年8月30日に公布された『環境の汚染による人の健康又は生活環境への影響を速やかに軽減することを目的とする』特措法によって守られているのは市民の健康と命ではなく、いかに法に触れずに放射性物質を拡散させるかなのではないでしょうか。

これ以上の被曝の押しつけは受け入れられないという私たちの声は全く聞き入れられることなく、鮫川村が求めている以上この建設工事の中止は考えていないとのことでした。

私たちは、住民への説明会がされる前の焼却は有り得ないことで、焼却の前に住民説明会を開いてほしいということを強く要望しました。

福島県の1月16日付の鮫川村農業系汚染廃棄物処理に係る仮設焼却炉の設置についての資料には試運転は1月の予定と記載されていますが、今回の申し入れ日であった1月16日、環境省は試運転の日程を答えることができず、私たちとのやり取りの中で2月の予定であると発言しました。

いろんなことが曖昧であるという印象をぬぐい去ることができない対応に、私たちは不安を解消することはできませんでした。

今回の申し入れについては文書にて1月28日までに回答するとのことでした。

新たに分かり驚いたことは、政府は放射性廃棄物の焼却処分について、100億円以上の予算をつけており、この減容システムはどんどん推進していくということでした。

それが何を意味するのか・・・

私たちが予想していた通り、これはこれからいろんな所に広がっていくのです。

これはここだけの問題ではありません。

皆様には引き続き署名等のご協力を求めます。

※二次締切を1月31日に延長致しました。

よろしくお願い致します。

環境省申入れ報告

みなさま

1月16日に鮫川村放射性廃棄物焼却炉建設の住民説明と建設中止の申し入れをするために霞ヶ関の環境省に行ってまいりました。

環境省の担当者との
質疑応答の中で、はっきりしたことは、次の3点です。

1.鮫川村放射性廃棄物焼却炉建設は、鮫川村村長の中止の意思が無い限り続行され、焼却はテストを含め2月から行うということ。

鮫川村の村長が中止を表明したら中止になるそうです。

2.国は放射性廃棄物焼却炉建設に104億円の予算を決定し、今後、このような高濃度放射性廃棄物焼却炉を複数建設する計画であり、すでに次の候補地と調整中であるということ。

次の候補地が、どこなのかについては、情報を公開せず、知ることはできませんでした。


3.環境省では焼却炉の火災事故に対応する私たち地域住民のための危機管理について、連絡をするということ以外、シュミレーションをしていず、灰の飛散やベントによる放射能の拡散についても、その対応のための回答がありませんでした。


温度が上がり圧力が高くなればベントも行うし、火がまわれば消火もするだろうと思い、汚染された消火のための水の行方について質問しましたら、火災事故が起きたら水による消火ではなく消火器で火を消すから心配はいらないとの発言のみありました。


以上が16日の申し入れでの状況のご報告です。

申し入れの返答については、期限をもうけましたので、期限内にはあるだろうと思います。


次回の署名の締め切りは22日です。
多くのみなさんに知っていただき、ご協力いただきますようお願いいたします。

鈴木薫



1月16日 環境省に申入れを行います!

福島県鮫川村に建設中の放射性廃棄物を焼却する実証実験施設について、1月16日に環境省へ「工事中止・住民説明を尽くすこと」を求めて申入れに行くことになりました!

いわきから15人程、塙町・鮫川村からも参加して頂き、20人程で霞ヶ関に行って参ります。

同時に提出予定の署名を集めておりますので、ぜひ御協力をお願い致します。


この問題は鮫川村だけでも、近隣市町村だけでもなく、全国の放射能汚染拡大の問題です。
鮫川村で高濃度の放射性廃棄物の焼却が始まれば、福島県内はもとより全国で焼却が始まるという強い危機感を持っています。ぜひこの問題を広めて下さい。よろしくお願い致します!!


【環境省申入れ】
2013年1月16日(水)15時~15時半(予定)
★場所は未定…15日に決定次第、本ブログにて告知します。

【鮫川村焼却炉問題】
★経緯
http://makeiwaki.exblog.jp/17610000/

★問題点まとめ
http://makeiwaki.exblog.jp/17609800/

【署名】
★紙の用紙
http://kaupili.info/iwaki-mirai/docs/116_samegawa_ag.pdf

★インターネット署名(change.org)
https://t.co/YQtw3P6V

【要望書】
http://kaupili.info/iwaki-mirai/docs/env_ag.pdf


環境大臣  石原 伸晃 様 


要 望 書
(福島県鮫川村焼却実証実験施設について)


平成25年1月16日     

     
(要旨)
1、 鮫川村に建設中の焼却実証実験施設の工事を中止すること。
2、 鮫川村に建設中の焼却実証実験施設について、事業主体である環境省
の担当者を鮫川村隣接8市町村(福島県浅川町・棚倉町・古殿町・石川町・塙町・矢祭町・いわき市、茨城県北茨城市)及び鮫川水系を水道水源として利用している各地方自治体へ派遣し、その住民に対し説明会を開催する等して焼却施設の必要性・安全性について説明責任を果たすこと。

(理由)
現在、福島県鮫川村青生野地区で環境省を事業主体とする放射性廃棄
物を焼却する実証実験施設が建設されている。この施設により、8000Bq/kg以上という指定放射性廃棄物28tを含む農林業系副産物の放射性廃棄物、総量600tを平成25年2月から平成26年9月まで焼却される計画である。試運転は平成25年1月から開始される予定である。
  鮫川村は福島県南部に位置し、福島県浅川町・棚倉町・古殿町・石川町・塙町・矢祭町・いわき市、茨城県北茨城市に隣接している。また、焼却施設建設地は四時川・鮫川の源流が集中する水源地である。このような場所で8000Bq/kg以上もの高濃度の指定放射性廃棄物を含む放射性廃棄物が焼却されれば、放射性物質の飛散、水源汚染を招くおそれがあり、鮫川村のみならず周辺住民にも重大な影響が及ぶ危険がある。もとより、焼却施設自体が公害施設との指摘もあり、放射性物質の飛散は自治体の境を越えて広がることに鑑みれば、焼却施設工事が始まる前に建設地の鮫川村及び隣接市町村に事業主体である環境省が周辺住民に対し説明を尽くすべきである。
 それにもかかわらず、環境省は2012年11月15日に工事に着工してから1ヶ月以上経った12月25日になってやっと建設地の鮫川村にて住民説明を行っている。しかも村民の安全性への不安や手続きの不当性を訴える声に対し真摯に対応することなく、安全であることを繰り返し述べるのみであった。工事元請け業者の日立造船も焼却炉自体の構造、バグフィルタ、へパフィルタ等の安全性に関する説明を自ら行っておらず、質疑にも応えず、十分な対応をしているとは到底いえない。住民の生命・健康に関わる重要な事柄であって、企業の社会的責任を明確化したISO26000を批准し、JIS Z 26000を採用している日本において、このような杜撰な説明は許されないことである。
鮫川村での住民説明が極めて不十分である上、近隣市町村では一切の説明がなされていない。鮫川村での住民説明会実施すらいわき市は把握しておらず、いわき市に送付されている焼却施設に関する資料も施設の概要を示しただけのもので、施設やフィルタの構造に関する資料が極めて不十分である。 
 さらに、公害防止協定に類する環境省と鮫川村の取り交わし書についても、環境省からいわき市に説明はなく、いわき市が独自に鮫川村から取り寄せるという状況である。市町村ですら本件焼却施設について十分な情報を有していないのであり、住民に至っては、独自に調べなければ情報は無きに等しい。このような状況で、万一焼却施設に不測の事態が発生した場合、情報が近隣住民まで行き届き、適切に対処し得るものかは甚だ疑問である。
一昨年3月11日の原発過酷事故を経験した私たちは、放射性物質の飛散はひとつの自治体に留まることなく、近隣市町村へ甚大な影響を与えることを学んでいる。もし、鮫川村焼却施設から放射性物質が漏れ出せば、鮫川村隣接市町村はもとより、さらに広範に水道水源が汚染され、住民の健康が害される危険性が高い。川や海の汚染により農業や漁業従事者にも大きな影響が及ぶことが考えられる。
このように鮫川村焼却施設について重大な利害関係を有する私たち近隣市町村の住民には、事業主体である環境省による住民説明が必要不可欠である。また、住民説明を尽くさぬうちに焼却を始めるようなことがあれば、住民の生命・健康を軽視し、民主的手続きを踏みにじるものであって許されることではない。
よって、私たちは、鮫川村に建設中の焼却実証実験施設の工事を中止すること及び、鮫川村に建設中の焼却実証実験施設について、事業主体である環境省の担当者を鮫川村隣接8市町村(福島県浅川町・棚倉町・古殿町・石川町・塙町・矢祭町・いわき市、茨城県北茨城市)及び鮫川水系を水道水源として利用している各地方自治体へ派遣し、その住民に対し説明会を開催する等して焼却施設の必要性・安全性について説明責任を果たすことを求めるものである。

 注 動画:IWJ 福島1ch 「鮫川村焼却処分場に関する住民説明会」

以上

<要望団体>
いわきを変えるゾ市民の会(いわき市)
いわきアクション!ママの会(いわき市)
いわき母笑みネットワーク(いわき市)
いわきの未来をつくる市民の会(いわき市)

連絡先:いわきの未来をつくる市民の会
髙橋幸子
iwaki.make.the.future@gmail.com

1/12 NHKスペシャル

みなさま

1月12日のNHKスペシャルです。
3月14日、15日のヨウ素プルームのことの内容です。
拡散をお願いいたします。

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2013/0112/index.html
シリーズ東日本大震災
空白の初期被ばく
~消えたヨウ素131を追う~

NHKスペシャル

1月12日 NHK総合 夜9:00~

1月7日 要望書提出しました。(鮫川村焼却実証実験施設について)

1月7日に、いわき市から環境省に説明を求める要望を出すよう、市に申し入れを行いました。
環境省は、いわき市から要請があれば説明会は行うと言っております。

1月5日に放射線衛生学の木村真三先生と現場の基礎的な環境測定に行ってまいりましたが、焼却炉の建設現場の小高い丘のまわりをお堀のように四時川の源流が囲んで流れていました。

測定は定期的に行う予定です。

1月末からテスト焼却がはじまります。
環境省には、その前に説明に来ていただくのが筋だと考えますが。。。

本日、「いわきの未来をつくる市民の会」に、12/10にいわき市長に対し工事中止要請等を求める要望書の回答を頂いたとの報告を受けました。
工事中止には触れず、12/21に、市の担当者が環境省や鮫川村に情報公開に関する申入れを行ったとの内容でした。

1/7の要望書は 1/8に環境省に送付し、市民の要望があることを伝え、1/11には鮫川村において事務レベルで情報公開含む焼却炉一般についていわき市の担当者と環境省の担当者が話し合いの場を設けるそうです。
また、1/17に文書回答するのは事務方的に厳しいため、1/20前後で文書回答。何かあれば連絡するようにしたいとのことでした。

1/11にいわきの担当者の方にしっかり頑張っていただかないといけませんね!
また、情報に進展がありましたらご報告を申し上げます。
よろしくお願い致します。

********************************


いわき市長  渡辺 敬夫 様 


 要 望 書
(福島県鮫川村焼却実証実験施設について)



平成24年1月7日


(要旨)
1、 事業主体である環境省がいわき市において市民に対する住民説明会を開催するよう、環境省に強く要請すること。
2、 いわき市民に対する住民説明会の開催場所・日時等を「広報いわき」等を利用し、あまねく市民に周知すること。
3、 環境省に対し、いわき市民に対する住民説明会が開催され、説明が尽くされるまで焼却実証実験施設の建設工事を停止するよう強く要請すること。

(理由)
現在、福島県鮫川村青生野地区で環境省を事業主体とする放射性廃棄
物を焼却する実証実験施設が建設されている。この施設により、8000Bq/kg以上という指定放射性廃棄物28tを含む農林業系副産物の放射性廃棄物、総量600tを平成25年2月から平成26年9月まで焼却される計画である。試運転は平成25年1月から開始される予定である。
  この施設のすぐ下にはいわき市の水道水源である鮫川水系四時川の源流があり、これはいわき市議会議員による現地視察や本会議の一般質問において明らかにされている。しかし、焼却実証実験施設から放射性物質が漏れた場合のいわき市の水道水源への影響の有無について、いわき市から市民に対し説明はなされていない。
 また、鮫川村焼却実証実験施設の事業主体である環境省も、鮫川村近隣市町村の住民への説明をしていない。建設地である鮫川村村民に対しての説明会さえ、工事が着工してから1ヶ月以上経った12月25日に行われるという状況となっている。高濃度の指定放射性廃棄物を含む放射性廃棄物を焼却するという、市民の健康へ影響を及ぼしかねない重大な事項に関して、いわき市民はなんらの説明も受けず、情報も開示されていないのである。
昨年3月11日の原発過酷事故を経験した私たちは、放射性物質の飛散はひとつの自治体に留まることなく、近隣市町村へ甚大な影響を与えることを学んでいる。もし、鮫川村焼却施設から放射性物質が漏れ出せば、いわき市の水道水源が汚染され、住民の健康が害される危険性が高い。川や海の汚染により農業や漁業従事者にも大きな影響が及ぶことが考えられる。
このように鮫川村焼却施設について重大な利害関係を有する私たちいわき市民には、事業主体である環境省による住民説明が必要不可欠である。12月25日の鮫川村での住民説明会においても、いわき市民からの質問について環境省の担当者がいわき市から要請があれば市での住民説明会もありうる旨発言している(注)。
よって、私たちは、鮫川村に建設中の焼却実証実験施設について、事業主体である環境省がいわき市において市民に対する住民説明会を開催するよう、環境省に強く要請すること、いわき市民に対する住民説明会の開催場所・日時等を「広報いわき」等を利用し、あまねく市民に周知すること及び、環境省に対し、いわき市民に対する住民説明会が開催され、説明が尽くされるまで焼却実証実験施設の建設工事を停止するよう強く要請することを求めるものである。
なお、1月下旬に焼却が開始される計画であることに鑑み、本要望書については1月17日までに文書での回答を求めるものである。


注 動画:IWJ 福島1ch 「鮫川村焼却処分場に関する住民説明会」
http://www.ustream.tv/channel/iwj-fukushima1#/recorded/28051203



以上

<要望団体>
いわきを変えるゾ市民の会(いわき市)
いわきアクション!ママの会(いわき市)
いわき母笑みネットワーク(いわき市)
いわきの未来をつくる市民の会(いわき市)
ほか250個人(いわき市民 別紙の通り)


連絡先:いわきの未来をつくる市民の会
髙橋幸子
iwaki.make.the.future@gmail.com 


*******************************




プロフィール

             いわきアクション!ママの会

Author:             いわきアクション!ママの会
 3.11原発事故をきっかけに子どもたちの暮らしを考えるママたちの声が集まる会です。
 健康を考えるお料理教室や、免疫力アップの体操など
楽しみながらママたちもがんばっています。
 おうちで一人で悩みがちなママがいたら、是非ご連絡ください。みんなでわいわい話しながら元気になりましょう!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。